職場の先輩

水産養殖種苗センター白浜事業場 田島 椋太

水産養殖種苗センター白浜事業場
田島 椋太

・志望動機、就職のきっかけ

小学校のころから魚が好きで、5年生の時に社会見学で近畿大学水産研究所富山実験場に行き、魚を飼育しているところを見て、魚に携われる仕事に就きたいと思ったのがきっかけです。

・担当業務

餌料培養と卵から孵化して海上に沖出しするまでの初期飼育を担当しています。

・職場の雰囲気や魅力

良い魚を育てるためにみんながこだわりをもって仕事をしていて、非常に活気に溢れた職場だと思います。

・やりがいを感じるとき、今後の抱負

自分が培養した餌料がうまくでき、それを食べた魚が評価されたときにやりがいを感じます。更に技術を磨き、良い魚を育てて日本の食に貢献したいと思っています。

水産養殖種苗センター白浜事業場 宮嶋 暁

水産養殖種苗センター白浜事業場
宮嶋 暁

・志望動機、就職のきっかけ

元々養殖場で働きたいと思っていてましたが、誰もしたことがないことをした(クロマグロを世界で初めて完全養殖した)近畿大学で働きたいと思いました。

・担当業務

魚以外のエビや貝類の飼育を担当しています。

・職場の雰囲気や魅力

ひとりひとりが情熱をもっていて熱い職場だと思います。

・やりがいを感じるとき、今後の抱負

自分が育てたエビが(株)アーマリン近大が運営している「近畿大学水産研究所」で提供されたときです。貝などの飼育も成功させて、環境への貢献もしていきたいと思います。

水産養殖種苗センター浦神事業場 松野下 恭平

水産養殖種苗センター浦神事業場
松野下 恭平

・志望動機、就職のきっかけ

魚が好きで将来は魚に携わる仕事がしたいという願望が子供のころからありました。

・担当業務

アーマリン近大に出向し、海上イケスでマダイ等の稚魚の中間飼育を担当しています。

・職場の雰囲気や魅力

先輩方は明るく、優しく、時には厳しく物事もはっきり伝えてくれるとても働きやすい職場環境です。

・やりがいを感じるとき、今後の抱負

生き物・自然を相手にするため苦労も多いですが、安心安全の魚を生産していくことはとても責任感が必要とされやりがいのある仕事だと思います。体力面・精神面も必要とされる仕事ですので体力作りには日々取り組んでおります。